Akrivia


ジュネーブの若き時計師レジェップによるAkrivia Tourbillon。
パテックフィリップの丁稚制度で時計づくりを学び
パテックを離れてからも複雑時計の製作に携わり、休日に
自分の作りたい時計を作り続け独立した逸材です。

Ref.1142C Pt MONTRE ÉMAIL OBSERVATOIRE


Urban Jurgensen Ref.1142C Pt Enamel model
数年前にPtとPGケースで発表されたこちらの限定モデルは
エナメル文字盤が1枚1枚職人により手焼きでIndexの文字も
手描で製作に時間がかかり過ぎる為に各20本で
40本中まだ3本しか製造されていません。


文字盤に窪みをつけてエナメルを入れて焼いているので
普通のエナメル文字盤と質感、深みが異なります。
文字盤の淵には800℃前後で焼いた焼き色が残ってます。
手で描かれたブランドロゴ、INDEXは圧巻の仕上がりです。
この文字盤はエナメル文字盤の中でも別格です。

Le Coultre Futurematic


先日、ルボナーの松本さんのルクルトの1950年代製の
フューチャーマチックの時計を分解掃除させて頂きました。

この時計は1950年代初頭から作られ始めた
半回転式の自動巻Cal.497を搭載し、ゼンマイがいっぱいになると
今のようにスリップさせるのではなくローターの動きを
止める構造が備わっていました。
裏を見るまでは竜頭がない近未来的な時計かと思わせる
Futurematicですね!!!

Ref.8 PG Roman dial

Urban Jurgensen のRef.8 PG 。
1980年頃にピーターボームベルガー氏によって
ヤーゲンセンブランドがスイス・ビエンヌで復興された時から
作っていますので30年以上経っても色褪せしない素晴らしい時計です。
ケース径は37.5mmと現代の時計からすると少し小さめですが
猫足のラグにギョーシェ文字盤、ツートーンカラーの針の
デザインバランスは最高です。
はめればはめるほど自分に馴染んできますね。

搭載していますフレドリックピゲのムーブメントの関係で
生産自体は終了していますが国内には少し在庫がありますので
ご興味ある方はお取り扱い店にお問い合わせください。

HP開設

新たにホームページを開設しました。
主にライカやNikonで撮影した写真をアップしていきますので
乞うご期待ください!!!